古き良き着物の品格

着物の格とその種類

着物買取の着物を着るポイントは衿・おくみ線と上前・下前・腰紐・腰骨

日本の伝統的な衣装である着物は、日本の風土に合った着衣であるとともに、日本人の体形を綺麗に見せることで着た人自身の美しさを引き出してくれるものでもあります。また、伝統とともに発展してきた様々な美しい織や染め、刺繍の伝統的な技術を着衣として身にまとうことができるというのも大きな魅力の一つです。しかし、着物というと着るのが大変そうだったり、難しそうといった先入観からなかなか手が出しにくいと考えている方も多いです。

そこで、着物買取を利用すれば、手軽に着物を楽しむことができます。着物買取では、様々な種類の着物を用意しているので、まずは浴衣などの着付けが簡単な和服から始めれば、気負うことなく和服を楽しむことができます。浴衣は着物とは異なり襦袢と呼ばれる着物の下に重ねるものを省略して着付けることができるので、初心者でも簡単に美しく着こなすことができます。

では、着物買取で手に入れた浴衣を着付けるコツをご紹介します。着物買取の浴衣の着付けで重要なのは、上前・下前・腰紐・腰骨のポイントを押さえるということです。まず浴衣にそでを通して、上前と下前となる左右の衿先を左手と右手のそれぞれで持ちます。そして、下前となる右手を右の腰骨のあたりに持ってきて、次に上前となる左手を左の腰骨のあたりにあてます。そして、用意しておいた腰紐を腰骨の辺りで上前と下前の両方をしっかりと固定するようにして結びます。腰紐で上前と下前を固定することができたら、ゆとりを持っている上半身の部分を整えて、おはしょりをきれいに作ります。おはしょりとは帯の下の部分に折りたたまれた着物の丈のことです。

ここを綺麗に整えておくことが、着物をきれいに着こなすうえで大切なポイントとなります。ここまでの上前・下前・腰紐・腰骨のポイントを着付ける上でもう一つ大切なことがあります。それは、衿・おくみ線です。おはしょりを整えるときには、上前の上半身と下半身のおくみ線がぴったりとつながるようにすると綺麗に着つけることができます。おくみ線をそろえることにより、着物の柄がそろい美しいバランスで着物の柄を見せることができます。

また、おはしょりをきれいに整えるときに衿元もきれいに整えます。襟元は首の下にある骨の辺りを目安にして、上前と下前が交差するようにします。こうしたコツに気をつけて着つければ、着物買取で手に入れた浴衣を簡単に美しく着こなすことができます。

後染めの着物
■後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
■先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
■芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。