古き良き着物の品格

着物の格とその種類

街着・普段着・浴衣

今の男性というのは、ほとんど家に帰っても洋服系を着ている人がほとんどです。たまに、夏に花火を見に着る人とか、夏の夕涼みをするために着るという人、正月には和服を着て正月の初詣行く人、若い人であれば成人式に紋付袴で着飾った人などなど、ほとんどこのようなイベント時でないと着ることがなくなったように思われています。では、ここでその和服を着るということで街着・普段着・浴衣というがどのようなものかということを、ご紹介させていただきます。

では最初に、和服である街着ということからからご紹介させていただきます。この和服というのは、これを基本の形としていると思っていただいてもかまわないもので、羽織を着ていない状態の着物だけの状態であり、この状態を着流しといっているのです。羽織を着ていない着流しというのは、帯の締める位置や結びが表面上に出ているために着こなしには注意が必要で、これを崩した通な着こなしというのは、長じゅばんの袴にをきちんとあわせてその衿を少し緩めに合わせたりするとそのような感じになるのです。

次に、普段着というのは、着物の上に羽織をという対での形ということになるのです。長じゅばんの衿は紺や茶色またはねずみ色などの色を好みの色として使用し、羽織についても同様な色にあわせることにするのが通常の着こなしというものなのです。最後に浴衣というものは、古来入浴するときに着るものという位置づけであり、現在は、湯上りに着るものであり夏のおしゃれのアイテムとなってきた要素があります。その浴衣というのは、素肌に着るものが通といわれた時代もあったのですが、おしゃれ着となった現代においては汗が直接肌に付かないように、その下にはランニングなどを下に着ることをしているのです。

また、それ以外の帯については、博多帯・木綿帯・兵児帯など用いて結びなどのきまりというのはないのです。このように、街着・普段着・浴衣という和服を代表する男もののそのような衣装の着こなしについて、ご紹介させていただいたのですが、その形というのは時代とともにそのときの流行や技術的な細工、そして、デザインの違いなどその背景にあるものによって、少しずつではありますが着実に変化をしてきているものなのです。その変化というのは、最初ではあまり触れませんでしたが、普段着として着ている羽織などは、色を変えてツートンカラーにするというのも通な着こなしといえるものであり、また、それを冬の場合は現代風アレンジすると、その上に着物用のコートやマフラーなどがありますので、その組み合わせで着こなす方法も今ではあるのです。

後染めの着物
■後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
■先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
■芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。