古き良き着物の品格

着物の格とその種類

略礼装着(準礼装着)

和装には、小物から着物まで全て格と言うものがあります。格によってその場に合わせた着物の選び方、帯や小物との組み合わせが決まります。その為、和服を着る為には必要な知識として、どのような格があるのか知っておく事が大切です。和服には、第一礼装(正礼装)、略礼装着(準礼装着)、外出着、街着・普段着・浴衣と言う格があります。第一礼装は、特別な時や公的な時、儀式などの時に着用する打掛、黒留袖、本振袖、喪服をさします。五つ紋入りのものが基本となります。男性の場合は、五つ紋つきの黒羽二重が第一礼装です。葬儀の際には、羽織の紐の色を黒やグレーに変えますが、それ以外の時は白い紐を用います。

略礼装着(準礼装着)は、第一礼装に次ぐ格です。華やかさがあり、入学式や結婚式、初釜等に使用します。色留袖、訪問着、振袖、色無地、江戸小紋の紋付等があります。色留袖の場合、五つ紋にすると第一礼装になりますので、三つ紋にすると着る機会が増えます。略礼装着(準礼装着)の場合も、紋が入っている事が大切です。礼服であるので、改まった場に着て行く為に、羽織だけに紋が入っているのではなく、羽織を脱いでもちゃんと紋が入っているように心がけましょう。次に外出着について説明します。

外出着は、一番種類も多く、場面に合わせて楽しむ事が出来る着物です。少し改まった場や、ちょっとしたお呼ばれなどに使用します。訪問着に次ぐ格の付け下げ、無地のつむぎ、江戸小紋、友禅、付け下げ小紋、つむぎの訪問着、絞り、お召、更紗等があります。外出着には紋が入っていないのが一般的です。男性の場合、お召一つ紋付、つむぎ、等が外出着、おしゃれ着として用いられます。街着・普段着・浴衣は、気負う事のないちょっとした外出等の時に適しています。

つむぎ、かすり、黄八丈、ウール、銘仙、木綿、浴衣等があります。つむぎ、かすりは上等なものであってもお茶会や婚礼などに着用する事は出来ないので、注意が必要です。男性の場合、ウール、上布があり、くつろぎ着や街着として使用します。これらの着物だけではなく、格に合わせて帯と小物も組み合わせを変えていきます。丸帯が帯の中では一番格調が高く、黒留袖とも合わせる事が出来ます。その次に格調が高いものは袋帯で、第一礼装、略礼装着(準礼装着)にも合わせる事が出来ます。名古屋帯は、織のものは略礼装着(準礼装着)に使用できますが、染のものは普段着用に使用されるのが一般的です。

後染めの着物
■後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
■先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
■芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。