古き良き着物の品格

着物の格とその種類

礼装着(第一礼装)

日本の伝統的な着物には「格」というものがあります。場所や目的に合った着物を選んで着なくてはなりません。例えば、結婚式やお茶会、観劇や買い物などで、着物や小物が違ってきます。余りにも場違いでは失礼なことになってしまいます。そのことが、着物を着るのに難しさを感じさせられるところでもありますが、このルールを守って着た方が失敗無く、安心して着ることができます。着物の中で最も格上なのが礼装着(第一礼装)と言われるものです。結婚式や公の儀式など、より格式を要求される場に装うものです。

格付けによる一つ下は「略礼装」といいますが、礼装着(第一礼装)は式そのものに出席するような身内、つまり主催者が着る物で、略礼装は披露宴に呼ばれたお客が着るものというと分かり易いかも知れません。着付けには、自分の好みだけでなく約束事を守って気付けをする必要があるがあるのです。未婚の場合の礼装着(第一礼装)は、花嫁衣装や本振袖の五つ紋です。打ち掛けや白無垢、色打ち掛けなど現代の結婚式の花嫁衣装です。本振袖は大振袖とも言われます。華麗な絵羽模様と長い振袖が特徴です。

袖が長い程格調が高く、袖の長さは114センチメートルから124センチメートルもあります。花嫁衣装や成人式や披露宴に用いられます。 既婚者の礼装着(第一礼装)は、黒留袖と喪服になります。黒留袖は新郎新婦の母、親族が着用します。年齢に相応しい柄行を選びます。染め抜きの五つ紋、白の比翼仕立てにします。喪服は黒紋付きとも言われます。黒一色の五つ紋付きの着物です。通夜や告別式で着用します。着物には染めと織りがありますが、染めは礼装着から普段着まで着用できます。織りは外出着や普段着として着用します。

また、こうした着物の格にあった帯を締めます。丸帯や袋帯を使います。丸帯は420センチメートル内外で、幅は68センチメートルです。花嫁衣装や黒本留袖、黒留袖に用います。また、袋帯は、420センチメートル内外で、幅は30㎝になります。振袖や留袖に用います。着物に合わせるのは、帯ばかりではありません。例えば黒留袖には金糸、銀糸で織られた袋帯で、その他、帯揚げや帯締めは白を基調としたものになります。その他、帯板、帯枕、そして、長襦袢は必ず白、地模様はあってもよいです。

和装スリップ、白足袋、襟芯、縦締め2本、腰紐4本、そして、草履はゴールドやシルバー系がよいです。高さは高い程格上とされています。末広は必ず黒骨のものを用います。このように小物まで全て同じ格で統一します。こうした着付けのマナーを守ることで、礼装着(第一礼装)の奥ゆかしくも凛とした着こなしができ、何よりも安心して出掛けられることになります。

後染めの着物
■後染めの着物
後染めの着物は白生地、反物(織物)になってから染色するので後染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからやわらかい着物、染めの着物とよばれます。

先染めの着物
■先染めの着物
先染めの着物は反物(織物)になる前、糸の段階で染色し反物(織物)にするので先染めの着物に分類され、一般的にさわった感触、風合いからかたい着物、織りの着物とよばれます。

芭蕉布
■芭蕉布
芭蕉布(ばしょうふ)は沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物のことで、麻とは違った感触で、とても涼しい盛夏の着尺地として用いられます。