医療脱毛で使う脱毛機の特徴と効果

医療脱毛で使う脱毛機は医師が皮膚の状態や毛の生え方を診断して施術の方法を決め、レーザーの強さを調整できるため脱毛サロンと比べると効果が高いです。医療脱毛はダイオードレーザーやYAGレーザーなどを使用し、一度に広い範囲に照射するため施術を受ける間隔が長く通う回数を減らしています。料金はサロンと比べると高いですが医師が診察をするため安心して受けやすく、皮膚に赤みや乾燥などがあれば光を使うと刺激がありますがレーザーなら起きないため安心です。医療脱毛機は脇などの太くて濃い毛などに効果がありますが、顔やVIOなどデリケートな部分には向いていないなど制限もあります。施術の時間は一度に広い範囲に照射するため短くなり、照射後に冷却をするため熱によるダメージを受けないことが特徴です。肌トラブルは肌質や毛質に合わせてレーザーの強さを調整でき、なくて効果にムラがないなど費用対効果があります。医療脱毛は許可を受けた医師が施術を行うように決められているため、安心して受けやすいことが魅力です。

タイトルとURLをコピーしました